calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
































今年もお世話になりました。

昨日終了したコミックマーケット87のJ2本に、夏コミの1st Legに引き続きいろいろ参加させてもらいました。

「 #J2本見たよ」のまとめ


Twitter連動企画「キューポッシュプレゼント」キャンペーン実施のご案内|J2本制作室広報部

キャンペーン実施中です。
是非ともお買い求めの上、ご参加ください!

今年もお世話になりました。
来年もいろいろがんばりたいと思いますので、よろしくお願いします。



「月刊少年チャンピオン」2015年2月号は、年明けの1月6日(火)発売です。

また、『アクトンベイビー-Act on Baby-』第2巻は、2月6日(金)発売です。
アクトン ベイビー -Act on Baby- 第2巻|秋田書店

ともどもよろしくお願いします!

http://takadakatsura.lomo.jp

twitter
 


↑click here,clap your hand!

「燃えろ!J2党 第11節」に出演します。



7月14日(月)に新宿ロフトプラスワンで開催される「燃えろ!J2党 第11節」に出演します。

燃えろ!J2党 第11節/LOFT PROJECT SCHEDULE


奈良クラブの岡山一成選手や、湘南ベルマーレスタジアムナビゲーターの三村ロンドさんなど、豪華ゲストがてんこもりですので、是非足をお運びください。

http://takadakatsura.lomo.jp

twitter



↑click here,clap your hand!

ゼルビア女子マネさん。

先日開幕したサッカーJ3リーグ、今年度が創設初年度ということで、全国各地のJリーグ入りを目指すチームがしのぎを削る長い戦いがはじまりました。

先年のJFL4位、昇格候補のFC町田ゼルビアでは、自分がパッケージイラスト&デザインを手がけた『ゼルビア女子マネマドレーヌ』が今年も限定で販売されました。

関連記事:
ゼルビア女子マネマドレーヌ販売のお知らせ。
FC町田ゼルビアvsAC長野パルセイロ戦とマドレーヌ。

そして今年はその女子マネの実写版がデビュー! こちらをプロデュースしたのは、FC町田ゼルビア後援会さんで、ワタクシ高田桂公認女子マネです(笑)
各地で話題沸騰中のゼルビア女子マネさん、みんなも野津田へ会いに行こう!

行かなきゃ!!ε=ε=┏( ^ω^)┛

追記:
FC町田ゼルビア後援会さんのfacebookページでご紹介いただきました。
http://takadakatsura.lomo.jp

twitter



↑click here,clap your hand!

舞台『プラネタリウムを作りました。』を観ました。


 9月19日(木)〜23日(祝・月)の5日間計7回、東京芸術劇場シアターウエストにて行われた、演劇ユニット☆宇宙食堂公演、舞台『プラネタリウムを作りました。』を観に行ってきました。

 宇宙食堂さんの公演を観るのは前回の『宇宙家族ヤマザキ』以来2度目。

 これぞ宇宙食堂!という息もつかせぬ怒濤の展開に、ぐいぐい引き込まれて行きました。
今回の目玉は、原作の大平貴之さんの大平技研製メガスター鵺による星空の投影シーンということで、劇場に圧巻の星空が再現されました。
 そのメガスターに負けじと役者陣がイキイキと舞台上で躍動し、素晴らしい世界を作り上げていました。

 加えて今回は決起集会からお稽古と、何度も見学にお邪魔して、出来上がる過程を側で見させていただいたので、感慨もひとしおでした。
 全シーンを緻密に組み上げてゆく構成の妙、日を追うごとに役に入り込み研ぎすまされてゆく役者さんたちの凄み、そこに音楽や映像が加わり広がりをみせてゆく世界…、ほんとうに良いものを特等席で見せてもらえたと思っています。


 お花のかわりに色紙を送らせていただきました。


 見事満員御礼につき大入り袋をいただきました。
となりは、スタッフ&キャストさんにお配りした記念カード。
喜んでもらえて嬉しかった。

 宇宙食堂のスタッフ・キャストのみなさん、ならびに出演された客演の役者さんたちのご活躍を願っています。


*おまけ


こちらは宇宙食堂メンバーのささこさん謹製の高田さん専用コップ。



twitter


↑click here,clap your hands!

FC町田ゼルビアvsAC長野パルセイロ戦とマドレーヌ。


 6月23日(日)JFL第17節、FC町田ゼルビア-AC長野パルセイロの試合を観に行ってきました。

 先日紹介した「ゼルビア女子マネマドレーヌ」の発売に合わせてスワンカフェ&ベーカリー町田店さまにご招待いただきました。


 壮観!


 町田ゼルビアのマフラーとともに。

 試合の方は、現在2位につけるAC長野パルセイロの攻撃陣が大爆発、0-4という予想外の大差がついてしまいました。


 気合いの入っていた町田ゴール裏でしたが…。


 こちらは人数では劣るものの、ホームの声援にひけをとらない応援ぶりだった長野サポーター。

 シーズンはようやく折り返し、この敗戦を糧に、この勝利を勢いに…、最後にJ2昇格の歓喜に湧くのはどのクラブでしょうか。

 町田には、去年までヴェルディに在籍していた選手がたくさんいて、それぞれの元気な姿を見ることができて良かったです。
秋田監督もね。


twitter


↑click here,clap your hands!

謹賀新年。


 あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいいたします◎

 楽しいことがいっぱいあるといいな、と。



twitter


↑click here,clap your hands!

ご挨拶。

 2012年が終わるにあたって。 

 今年もみなさまお世話になりました。 いろいろな出会いに恵まれ、とても楽しい一年とすることができました。 
フランスに行ったり、演劇の世界に触れたり、2冊目の単行本を出させてもらったり、ヴェルディのチラシを描かせてもらったり…etc.

 来年も楽しく苦しい、充実した一年にしたいと思いますので、変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

 がんばるぞー。



twitter


↑click here,clap your hands!

『名著百選2012』。


 2012年11月5日(月)〜12月16日(日)の日程で開催中の、ブックファースト新宿店4周年フェア 『名著百選2012【臍本 へそぼん 】~わたしが本屋さんだったら絶対売りたいこの一冊~』に参加させていただいています。


 2010年の第1回以来二度目の参加です。
以下、引用です。

『名著百選』は新宿店オープン2周年を記念して企画・実施したことに始まり、昨年の第二弾もお客様から大変ご好評いただいたことを受け、今年も開催する運びとなりました。今年は「【臍本】わたしが本屋さんだったら、絶対売りたいこの一冊」をテーマに、作家、アーティスト、ディレクター、学者、評論家、芸能人など各界の方々が選出した「名著」約270点を、選出理由などのコメントとともにご紹介します。
「ご紹介する【臍本】をきっかけとして、読者の方々に“新たな本”や“かけがえのない1冊”との出会いを増やしていきたい」という想いのもとにお届けいたします。ぜひ、ブックファースト新宿店へ足をお運びください。

※【臍本へそぼん】とは、そのジャンルに無くてはならない本、ジャンルの中心に位置しそこから様々な書籍が連鎖し広がってゆく本。「棚の要=臍」になる本のことを呼んでいます。


 自分も様子見がてら、一冊購入してきました。
喜国雅彦さんの『本棚探偵の生還』(※漫画じゃないよ。)
この本、読むのが楽しみですが、本のデザインを眺めてるだけでうきうきします。

 そんでもって対象書籍をお買いあげると素敵な冊子(写真左)がもらえますよ。
みなさま是非♪

http://takadakatsura.lomo.jp

twitter


↑click here,clap your hands!

4周年。


 昨日2012年7月6日で、ウチのサイトが開設から丸4年となりました。

 その間、同人誌出版、挿絵、アンソロジー参加、連載、単行本発売、フランス渡航等々、いろいろなことがありました。
またtwitterFacebookなどの新しいSNSにも参加して、そこでの繋がりが意外な縁を結んだりということもありました。

 5年目のさらにその先、どんなことがあるか不安もありますが、いろんなことをできるだけ楽しめるように。
これからもよろしくお願いいたします。

 ちなみに、上のイラストは電撃コミックジャパンで連載中の『ミックスド・ジュース』のへなちょこ男子の宮野くんです。
こちらもぜひぜひご贔屓に。

http://takadakatsura.lomo.jp

twitter


↑click here,clap your hands!

観劇、感激。


 日付かわって昨日、「演劇ユニット☆宇宙食堂」公演『宇宙家族ヤマザキ』にご招待いただき、観劇してきました。


 演劇にはとんと縁がなかった自分。
稽古も見学させていただき、いろいろと事前知識があったつもりでしたが…。

 とにかくびっくりしました。
ダイナミックでドラマチック、なによりエキサイティング、すごいものを見たというのが正直な感想です。
なにより、想像していた以上に、役者さんの感情が伝わってくるものだと思いました。
喜びや楽しみ、悲しみ、怒り、さらにはもっと微妙ないろいろが混ざりあったものまで、ひしひしと感じられました。

 芝居、音響、映像効果が渾然一体となった、徹頭徹尾のエンターテイメント、ただひたすら圧倒され続けた2時間強でした。
映画やテレビドラマとは違った、人間の体という質量をもったものが目の前で躍動する様子は、まさに舞台の醍醐味。
カメラや映像効果でごまかせないが故の動きの面白さ、そこを補完する演出の妙というのはすごいと感じました。
 どれだけ映像、音響が発達しようと、目の前で生身の人間が声を出して動く、ということとは別なものであり続けるだろうし、そうである以上演劇に、舞台に魅了される人はいなくならないのだろうな、と。


 生で観ないとわからない、伝わらない…、そこが面白くもあり、ちょっぴりもったいなくもある、舞台ならではの魅力が凝縮された『宇宙家族ヤマザキ』、明日がいよいよ最終日です。

 スタッフ&キャストのみなさまは、昨日、今日以上の最高の公演になるようがんばってください。

http://takadakatsura.lomo.jp

twitter


↑click here,clap your hands!

| 1/10PAGES | >>